医療脱毛に副作用はあるの?

医療脱毛は、レーザーを肌に当てて毛根に光を吸収させ、熱を発することで毛根を破壊して脱毛するものです。従って医療脱毛の副作用としてはやけどを起こすことが考えられます。
クリニックでは冷却装置を使ったり専用のジェルを塗るなどしてやけどを起さないようにしていますが、元々肌が黒かったり肌が弱かったりする場合は部分的にやけどを起こすこともあります。そのような場合はすぐにクリニックで手当てを受けるようにしましょう。
またやけどを起こしたあと、その部分が色素沈着を起こしてしまうこともあります。そのまま放置しておくとシミになってしまうので、この場合も速やかにクリニックに行ってビタミンCなどを用いた美白ケアをしてもらいます。
また、ごくまれな例ですが、医療脱毛を行ったあとに副作用として毛が硬くなったり多くなったりすることがあります。低出力で繰り返しレーザー照射をすることで、かえって毛根にエネルギーが与えられしまい、毛が強くなってしまったのではないかと考えられています。
この場合はさらに回数を重ね段階的にレーザーの出力を上げることで解消していきます。