クリニックで行われている脱毛の種類

美容皮膚科や美容外科といった、美容系のクリニックでは医療脱毛を行っています。
医療脱毛といっても、その種類にはレーザーを使ったもの、医療針を使ったものの2種類があるのをご存じでしょうか。
レーザー脱毛は黒い色に反応する特殊なレーザーを肌に照射し、そのレーザーの熱エネルギーにより、毛乳頭や毛母細胞といった体毛を作り出す組織を破壊するのが特徴です。
1度破壊された組織は2度と再生しない為、レーザー脱毛は永久脱毛の効果があると言われています。
医療針を使った脱毛法は、医療針脱毛やニードル脱毛などと言われており、レーザー脱毛が普及する前、医療脱毛と言えば医療針脱毛でした。
医療針脱毛は針を毛穴に刺し込み、そこへ電流を流し組織を破壊する事で、無駄毛を処理するのが特徴の脱毛法となっています。
どちらの医療脱毛も毛乳頭や毛母細胞、毛根などの組織ごと破壊する為、永久脱毛の効果があり自己処理せずとも、ツルツルの肌をキープできる点がメリットです。
無駄毛も毛根から抜ける為、毛穴も引き締まり、レーザー脱毛においては美白や美肌効果もある為、ただ単に脱毛だけではなく肌をキレイに整える効果もあります。
医療脱毛を行うと、女性としての魅力もアップするでしょう。